スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOKUSAI を観て・・

*KA*です

秋の長雨 
先週末から冷たい雨がしとしと降ってますが

夏に戻ったかのような暑さだった先週前半に
あべのハルカス美術館で「北斎」を観てきました

TVでも盛んに展示の紹介をされたり
HNK等で北斎に関する特別番組やドラマがあったため

覚悟をしていましたが、大変な人出でした

DSC_1604.jpg

幼少から90才で亡くなるまで休むことなく描き続けた北斎
その中でも、晩年の30年間に焦点を当てた作品展示でした

北斎といえば版画のイメージが強いですが
晩年は肉筆画が多かったようです

晩年に差し掛かる頃は、北斎漫画が有名で
それも多く展示されていましたが
様々な絵が緻密に描かれていて
今でも劇画として十分通用されるもの!!

いや、今の劇画家たちは、北斎を見習っているとしか思えないです

ビデオも写真も無い時代にこんな絵が描ける北斎の
非凡かつ天才ぶりに驚嘆しました w(゚o゚)w

晩年は、神の領域を目指した作品

そのド迫力には圧倒されます!!


もちろん
有名な版画群「富嶽三十六景」の展示もありました (*^^)v

それらは、ほぼイギリスの大英博物館からやってきたもの

何枚も刷られたであろう版画なのに
多くが海外に渡ってしまったんだなあ
と、そんな感慨を抱きながら観てきました



やっぱりこの「神奈川沖浪裏」ですよねえ


DSC_1639.jpg

大胆な構図と波の一瞬をとらえたかたち

この版画はヨーロッパの画家たちに多大な影響を与えたのです

海の青さと波の白さ
絵でありながらダイナミックな水の動きを表現しているのが
観る人の心を直撃してきますよね


美術館を出た*KA*は
そのまま隣りのビルにあるABCクラフトに行き
この版画の色のビーズを手にとっていました 笑


DSC_1640.jpg



それから、こんな面白いものも見つけたんです


DSC_1641.jpg

ビッグウェイブをつかまえてサーフィンしているスヌーピー 笑

それに対して波に翻弄されている小船のウッドペッカー


面白いでしょ (*^▽^*)


クリックして頂けたら励みになります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド情

3人でInstagramはじめました。

インスタグラム

*KA*→こちら    *TO*→こちら   *RE*→こちら


コメントの投稿

非公開コメント

Velkommen !

KA・TO・RE・A

KA・TO・RE・A

お知らせ
Instagramはじめました。

インスタグラム

*KA*→こちら
*TO*→こちら
*RE*→こちら
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ギャラリー
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。