スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベタな観光?

*KA*です

GW後半
今日のみ所用がないため
うちの歴男さんのお付き合いをすることにしました

行き先は京都

しかも、清水&祇園

こんな大型連休の真っただ中

「ごっつい人出やんか!」 とぼやきつつ・・

なぜ人混み嫌いの歴男が、そんなベタな観光地に行くかというと

それは「ブラタモリ」の足跡をたどるためです 笑


車で行けるところまで行こうと、出発して

途中で急きょ「たま木亭」に寄ることになりました

パンを買って、向かいの京大の黄檗キャンパスでランチにしようと


DSC_0769.jpg

混んでるだろうと覚悟はしてましたが
40分ほど並びましたよ~ hahahaー


DSC_0770 (1)

でも、休日に備えてフルパワーで焼いてくれていたためか
お目当てのカレーパンやほうじ茶クリームパンなど
いっぱいゲットできました (*^^)v


さあて

結局祇園まで乗り込んでしまい、何とかパーキングも見つけられて
いざ、散策です


八坂辺りによく来ることはあっても、いつか行けばいいや
って、今まで行っていなかった「建仁寺」からのスタート


DSC_0772.jpg

ここは、どこでも撮影OKという太っ腹のお寺です

DSC_0777 (1)

やっとお目にかかれました!!

迫力あるわあ


雲から乗り出してくるかのような風神

DSC_0781.jpg


息が降りかかってきそうな威圧感のある雷神

DSC_0782 (1)

俵屋宗達の代名詞ともいえる「風神雷神図屏風」は
日本が誇る国宝です


北海友松の雲竜図の襖絵は
デジタル複製で見事に再現されていました

DSC_0806.jpg


鮮やかなブルーのふすまは
鳥羽美花さんという方の「型染め」という手法で作成されていました

DSC_0792.jpg


中庭も美しい

DSC_0796.jpg

廊下を爽やかな風が通り抜けます



DSC_0807.jpg

そんな渡り廊下を抜けて法堂に行くと


DSC_0813.jpg

天井はド迫力!!

平成14年に、創建800年を記念して
「小泉淳作画伯」筆の双竜が描かれています



創建寺を出ると、そこは祇園の花街

昔は四条通に門があったのに
市電が通るために花見小路側に門を移設された
というお茶屋さん「一力」

DSC_0820.jpg



祇園南側は、ほぼまっすぐな道ですが

DSC_0822.jpg



祇園北側は、微妙に向きが異なる街を繋げるために
道がジグザグとなっている・・と歴男談(ブラタモリの受け売り)

DSC_0824.jpg



次は、これまた観光客でごった返す八坂神社を通り抜け
八坂の塔より、清水寺へと三寧坂を登っていきます

DSC_0826.jpg



何故か?

もちろんブラタモリで出てきた轟川の暗渠をたどるため

DSC_0835.jpg

暗渠(あんきょ)とは、川などの水路を
覆い被せたりして、上からみえないようにしているもの

うえの写真の人がいっぱい立っている所は
元は橋になっていた所なんです


いよいよ人でいっぱいの道をたどり
清水寺に行こうとしましたが・・・

遂に人々で詰まってしまい、動かなくなってしまいました

DSC_0836.jpg

清水の舞台とそれを見渡せる高台の道
これらが直角になっているのは、交差する断崖のためだそうで

それを見ようと向かっていたのですが
この調子ではなかなかたどり着けない (*´Д`)

なので、ここはパス

*KA*は昨年エム&エムさんと行ったしね
舞台は改修工事中だしね


もっちりとした不思議な食感の本屑のアイスを食べながら
五条坂を下りていきました

DSC_0838.jpg



再び祇園南側に戻り、訪れたのは

六道珍皇寺

DSC_0839.jpg

この辺りは、現世とあの世の境目


このお寺には、こわ~い閻魔大王の像と
地獄の使いと言われた小野篁の像が迎えてくれます


その小野篁が夜になると冥界にいくために使ったとされる
「六道の辻の井戸」

DSC_0842.jpg

ほら! 今も地獄を覗いている人がいますよ~

おおー! くわばら くわばら

とGWの小旅行はこれで幕引きとなりました (^_-)-☆


クリックして頂けたら励みになります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド情

コメントの投稿

非公開コメント

Velkommen !

KA・TO・RE・A

KA・TO・RE・A

お知らせ
Instagramはじめました。

インスタグラム

*KA*→こちら
*TO*→こちら
*RE*→こちら
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ギャラリー
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。